BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バロックパール

前月のちーみけらんコンサートのパンフレットに、
バロックの語源のお話があります。

その中からちょっと引用。

「バロック」という言葉はフランス語で、
「ゆがんだ真珠」を意味するポルトガル語の「バロッコ」が
起源とされています。


バロックパールという名前のものが実際に売られています。
ビーズで使うのははグラスパールですが、
深く意味を考えることなく、
昔の真珠は形がきっといびつだったのだろう・・・。
なぁんて思っていたんですけど、
そういう意味があったのかぁと勉強になりました。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/13(日) 18:10:53|
  2. ビーズ
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

競艇場で

初めて競艇場というところに足を踏み入れました。

競艇場でライブがあったのです。
いや、トークショーですか、あれは(笑)


競艇に興味を持ったのは、河合克敏さんのモンキーターンという漫画がきっかけです。

実際に競艇をやったことはないけど、
以前たまたまつけたテレビでやっていたレースがかっこいいなと思って、
一度くらいは競艇場で見てみたかった。
こんな機会でもなきゃ行くことはないだろうなぁ。。。

レースの流れは、
まずスタート展示という、模擬レースのような感じで、スタートをして見せて、
それから周回展示、これは、一周まわってラップタイムが公開されるもの。
そして、投票開始になります。
投票時間は20分弱。
投票が締め切られて、集計結果が出てからスタートになります。

スタートの仕方も、独特で、よういどんでスタートではないんですね。
時計の針が0になるところにあわせて、各自のタイミングで助走を始めます。
もちろんフライングは失格なので、勘と経験が頼りの難しいものらしいです。

ソフトクリームのような形のターンマークが2つあって、レースは3周。
ターンマークののまわり方にもいろいろ名前があって、
どれがどんなものなのかはわからないけど、
会場には実況も流れています。

近くで見るターンはやっぱり迫力満点だし、
展示のときと、実際のレースでは、走りも違う。
競艇は、水上の格闘技とも言われている通り、
選手同士のせめぎあいも、ぶつかるんじゃないかと思うくらいすごい。

一度くらい投票すればよかったなーと思いました。
「電クラ特別」と名前がついていた、第12レースとか(笑)
  1. 2008/07/06(日) 15:29:52|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。