BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浜離宮ホールにて

ピアニスト杉谷昭子さんの演奏活動40周年記念コンサートを聴きに行きました。
鉄平さんがカルテットで共演されるとのことで。
本格的なクラシックコンサートは、本当に久しぶりです。


<本日の曲目>
オルガン小曲集第41番「主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ」
BWV.639(バッハ=ケンプ、杉谷編曲)
ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲ハ長調op.120(ベートーヴェン)
ピアノ五重奏曲イ長調D.667-遺作114「鱒」(シューベルト)
間奏曲イ長調op.118-2(ブラームス)
カタリ・カタリ(カルディッロ=杉谷編曲)
トロイメライ(シューマン)

前日あまり寝てなかったためか、
ディアベリの途中で何度か瞼が重くなってきました。
でも、目をつぶって聞いていると、
音が目の前に浮かんでくるような感覚で心地よかったです。

そして、カルテットが加わった、シューベルト「鱒」
素晴らしかったです♪

ステージが近い、二階席。
鉄平さんの表情は、本当に楽しそうで、イキイキと演奏されていました。
心から音楽を楽しんでいる様子が伝わってきて、
冗談音楽もいいけど、
もっとこんな機会があればいいのにな。。。 と思いました。

残りの三曲はアンコールです。
カタリ・カタリが好きです。
トロイメライでは、「いい夢を見られますように」と。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/20(日) 23:23:44|
  2. 未分類
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。