BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長岡京室内アンサンブル@栃木

長岡京室内アンサンブルのコンサートに行きました。

朝8時半に家を出て、JRを乗り継いで1時に西那須野駅につきました。
いやー、結構かかりましたね。
でも行きはそんなに遠い感じはしなかったんですけどね。

駅前にはこんな看板が。

SN3D0283.jpg


会場の那須野が原ハーモニーホール、
中庭の画像をいくつか・・・。

SN3D0280.jpg

SN3D0282.jpg

SN3D0281.jpg



本当に素敵な会場でした。

開演前に、森先生がステージで挨拶をされて、
「昨日今日リハーサルをしてみて、
こんなに響きの素晴らしいホールは京都にも大阪にもないので、
今日のお客様はとても幸せですよ」
と絶賛されていました。

そして始まったコンサート。前回もそうでしたが、
一曲目のはじめの音で、
「うわ~~ほんとに来てよかったよ~」
って思いました。

曲ごとに、パートの配置が換えられ、
前半は、向かって左から、
1stヴァイオリン、チェロ&コントラバス、ビオラ、2ndヴァイオリン
後半は、
1stヴァイオリン、2ndヴァイオリン、ビオラ、チェロ&コントラバス。

本当に楽しそうに弾く方とうわさだけは聞いていた、
チェロ独奏の金子鈴太郎さんはほんとにその通りで、
すごく表情豊かで、ときに、音を追いかけているように天を仰ぐような様子がとても印象的でした。
チェロコンチェルトのアンコールで、
無伴奏曲を一曲弾いてくださいました。

終演後は、皆さんがずらり並んで、サイン会です。
プログラムへのサイン、やっぱりいい・・・。

SN3D0287.jpg


なんで今までしてもらわなかったんだろーと、
激しく後悔です。

というわけで、会場を後にして、
バス停に行ったら、すでにバスは通り過ぎてる時間だったので、
まぁ、歩いてみましょと、うっとりと余韻に浸りながら歩いて、
駅に着いて電車に乗ったときには、すでに1時間経過していました(笑)


また来年も東京近郊でコンサートしてくださるといいな・・・。


プログラム
 ヘンデル:合奏協奏曲 変ロ長調 作品6-7
 モーツァルト:セレナード 第13番 ト長調 作品k.525
        「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」
 ボッケリーニ:チェロ協奏曲 第9番 変ロ長調 G.482(チェロ独奏:金子鈴太郎)
 エルガー:弦楽セレナード ホ短調 作品20
 ドヴォルジャーク:弦楽セレナード ホ長調 作品22

スポンサーサイト
  1. 2009/10/11(日) 00:48:53|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。