BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Qi Michelan 音楽でめぐる小さな旅

聖蹟桜ヶ丘ヴィータホールにて、Qi Michelanコンサート。

お腹いっぱい聴いてきました♪

まずはごあいさつ代わりにオリジナル曲「夕顔のブルース」。

前半は日本から始まり、中国、ロシア、アイルランド、スウェーデン、アルゼンチンをめぐる音楽の旅。

後半は、クラシック曲+オリジナル曲です。

今回は、ヴァイオリン、ピアノ、パーカッションの三人編成で、
はじめ、あれ?ちょっとバランスが。。。
などと思いましたが、
あとでうかがったところによると、
PAが市役所の方で、あまりなれていらっしゃらなかったとのこと。

でも、何度もぎゅって心をつかまれてうるるってきて(笑)、
こんなに盛りだくさんなプログラムで無料なんて、
ほんとにいいんですか?
と、確認したくなるようなコンサートでした。

あと、舞台の背景の照明が曲の雰囲気に合わせて七変化するのが美しかったです。




セットリストはこちら

夕顔のブルース
木曽節
賽馬
擬音コーナー
Mama
The Water is wide
The Butterfly
ポロネーズ
マーチ
ミケランジェロ70
サンライズ・サンセット
<休憩>
プレリュードとアレグロ
前奏曲 Op.3-2 「鐘」
シェラザード
トリッチトラッチポルカ
アイネクライネ3分クッキング
カレー食べたい
晩秋
Johny

アンコール さくらさくら
スポンサーサイト
  1. 2010/03/26(金) 23:23:37|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。