BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jef Lambeaux通り Vol.4

大好きなQi Michelanの久しぶりのライブ、
Jef Lambeaux通り Vol.4に行ってきました。

今回は、京都を拠点に活動をしているインストバンド「Drakskip(ドレク-スキップ)」さんが対バンです。

リーダーのみゆきさんは、素敵なバンドを見つけるのがとても上手なので、
今回もすごーく期待していたのですが、
8月末、10/2にまさかの予定が入ってしまって、
日程が出てすぐに予約したにもかかわらず、
まさかのキャンセル・・・?

それはなんとしてでも避けたいな・・・と、
とりあえず、ギリギリまでいろいろと作戦を練って、
ドレクースキップさんはアンコールのみしか聴くことができなかったものの、
Qi Michelanにはなんとか間に合って会場に着くことが出来ました。

ゲストに、シベリアンニュースペーパーのヴァイオリニスト、土屋さんを迎えての
ツインヴァイオリンとピアノとパーカッションという編成で、
大好きなバッハのドッペルコンチェルトジャズバージョンから始まり、
オリジナルや、世界の民謡をQi Michelan風にアレンジしたおなじみの構成で、
癒されました。

アンコール代わりには、ドレクスキップさんとのセッション。
男くさいステージ(笑)迫力でしたねー。
ボイスパーカッションと、パーカッションのコラボも楽しかった♪

あまり見たことのない楽器を使ってらしたので、
間近で観てみたかったのですが、
またそれは次の機会に・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/02(土) 23:29:42|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。