BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

杉鉄コンベンションライブ

杉鉄コンベンションライブにいってきました。

業界向けのプロモーションのような物だと思うのですが、
関係者の方たちだけだと、固い雰囲気になりそう・・・と、
HPにて一般の方たち30名ご招待!!
応募いたしました。

今日のライブは「ベストオブ冗談音楽」の
縮小版だったんじゃないかと勝手に想像しています。
見てないからなんとも言えませんが。。。

オープニングは、モーツァルトのメヌエットにのせた、モーツァルトの紹介と、
チャイコン(夢の超特急?)にのせた杉鉄の紹介のスライドから。

暗転のまま杉鉄登場で、まずは「ハトヤカルメン」

で、今日のライブの趣旨などの説明があり、
後ろの方に、業界の方々がたくさんいらっしゃるので、
前列のいつものお客様は、いつも以上に盛り上げてくださいと(笑)

前半は、「懐クラ」から、
「アイネクライネ秋葉原」
「ツィゴイネル北の湖」(きたのうみではなく、きたのみずうみだそうです)

ツィゴイネルワイゼンにぽ~っとしながら聴いていると、
こけさせられるんですよねぇ。。。(笑)

擬音コーナーでは、
スライドを使ったおなじみの緊急車両、ファックス
で、ウルトラマンVSゴジラ

「処方箋上のアリア」
スライドありです。
が、名曲「山手線上のアリア」と比べてしまうと、
ちょっと違和感が否めない。。。
でもこれはCDでちゃんと聴いてみたいです。

そして後半。
杉鉄の歴史と銘打って、
トーク(ほぼ)無しで進みました。

2005年 サルでもわかる音楽実験室
「ハイサイトルコ行進曲」
「アラブの第九」
「中華人民ユーモレスク」
「剣のずいずいずっころばし」

2006年 
「モーツァルト殺人事件」

2007年
「ラプソディ・イン・ブルートレイン」

2008年
「ファミリー・コンチェルト」

で、一応最後の曲として、
「チャールダッシュ」

が、戻ってきたお二人は、手ぶら。
時間が大幅にオーバーしてしまったのと、
コンベンションライブだから、アンコールはいらないだろうと、
スタッフの方に言われたのだと(笑)

同じ理由で、物販、サイン会などもなし。
でもでも、これだけの内容のライブ、
タダで聴かせていただけるなんて、本当に贅沢な時間でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/17(月) 11:01:31|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。