BEADS DIARY of moucze

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おやすみナイト

杉ちゃん&鉄平さんのマンスリーライブ11月「おやすみナイト」に行ってきました。

今回のゲストはチェロの武井英哉さん。
杉鉄ライブやCDではすっかりおなじみの、
なかなか面白いキャラの方です。

アンダルシアのロマンスから始まり、
テレビ静岡企画の「おやすみクラシックス」の曲を中心に、
いろいろな作曲家の子守唄や、冗談音楽も盛り込まれた、
まったりと楽しいライブでした♪

寝つきがよかったのか、
帰り道に事件が・・・。
あと2駅というところで寝落ちして、
気づいたらドアが閉められ、
運転士さんか車掌さんが気づいて開けてくれたからよかったけど、
回送列車でどこかに連れて行かれるところでした。。。
  1. 2010/11/18(木) 23:17:44|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

多摩センター三越 ミニコンサート

岡田鉄平さんと佐藤みゆきさんのミニコンサートで、
多摩センター三越に行きました。

多摩センターでは、すでにイルミネーションも始まっていて、
終演後、暗くなってからは幻想的な世界が広がっていました。


1回目
プレリュードとアレグロ
愛のあいさつ
タイスの瞑想曲
チャールダッシュ

2回目
プレリュードとアレグロ
マドリガル
G線上のアリア
四季より冬 第二楽章
リベルタンゴ
チャールダッシュ

合間には擬音コーナーです。

名曲ぞろいの素敵な演奏・・・♪
1回目と2回めではガラリと曲が変わって、
30分ずつという短い時間でも大満足でした♪



前回のときも思いましたが、
会場が入り口付近のため、何もなかったところにいきなりコンサートスペースが現れ、
わかりやすいようで相当わかりにくい。。。
もう少し大きめの看板とかあれば・・・と思いました。
  1. 2010/11/14(日) 23:23:36|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

トレインナイト

杉ちゃん&鉄平さんのマンスリーライブ、
10月「トレインナイト」という名の、趣味の集いに行ってきました(笑)
あ、一応ライブです。

場所は、新橋の「レッドペッパー」という、Nゲージが走るライブハウスです。

第一部は、演奏もありの鉄自慢大会。

第二部は、トークショーと、

非鉄にはちょっとどうなの?というライブなのですが、

これがわからないなりに楽しいんですよね。
知らない世界の話を聞くのは面白い♪

今回は、唯一持っている「ク」という自動車を運搬するための車両を持ち込んで、
走らせていただきました。

動力車はもちろん、レールやコントローラーも持ってないので、
本当に初走行です。
  1. 2010/10/31(日) 23:59:58|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

Midtown Classics

東京ミッドタウンに行って来ました。

ヴァイオリニスト岡田鉄平さんが出演する、Midtown Classics「Classic Act」。
カルテットのユニットや、オペラの方たちなど、
様々なステージがありました。

鉄平さんの今回のピアニストは、ちーみけらんリーダーみゆきさん♪

プレリュードとアレグロや、
ヴィヴァルディのコンチェルト、
チャールダッシュなどの
お得意なプログラムのほかに、
擬音コーナーなど含めた約30分ほどのステージでした。

久々のクラシックの熱い演奏にどきどきして、
これだよこれ・・・♪なぁんて思いつつ、
でもよくをいえば、しっとり系の曲もあったらうれしかったなぁ・・・。

と、帰宅したら、思いがけずネットで聴くことができて、
なんだか二度美味しい一日になりました。
  1. 2010/10/11(月) 23:39:20|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

Jef Lambeaux通り Vol.4

大好きなQi Michelanの久しぶりのライブ、
Jef Lambeaux通り Vol.4に行ってきました。

今回は、京都を拠点に活動をしているインストバンド「Drakskip(ドレク-スキップ)」さんが対バンです。

リーダーのみゆきさんは、素敵なバンドを見つけるのがとても上手なので、
今回もすごーく期待していたのですが、
8月末、10/2にまさかの予定が入ってしまって、
日程が出てすぐに予約したにもかかわらず、
まさかのキャンセル・・・?

それはなんとしてでも避けたいな・・・と、
とりあえず、ギリギリまでいろいろと作戦を練って、
ドレクースキップさんはアンコールのみしか聴くことができなかったものの、
Qi Michelanにはなんとか間に合って会場に着くことが出来ました。

ゲストに、シベリアンニュースペーパーのヴァイオリニスト、土屋さんを迎えての
ツインヴァイオリンとピアノとパーカッションという編成で、
大好きなバッハのドッペルコンチェルトジャズバージョンから始まり、
オリジナルや、世界の民謡をQi Michelan風にアレンジしたおなじみの構成で、
癒されました。

アンコール代わりには、ドレクスキップさんとのセッション。
男くさいステージ(笑)迫力でしたねー。
ボイスパーカッションと、パーカッションのコラボも楽しかった♪

あまり見たことのない楽器を使ってらしたので、
間近で観てみたかったのですが、
またそれは次の機会に・・・。
  1. 2010/10/02(土) 23:29:42|
  2. 音楽
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0
<< 前のページ  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。